So-net無料ブログ作成
検索選択

[鍼灸あマ指 国試対策] 解剖学 小脳 [解剖学]

[問題]
◆小脳にみられるのはどれか。
1.オリーブ
2.黒質
3.赤核
4.歯状核

ushirojosei1e.jpg

1. 問題文からの推測

まずは小脳について確認してみたいと思います。

小脳は、大脳の後ろ側に位置して、見た目がカリフラワー状をした部分ですね。

脳幹といわれる中脳・橋・延髄の後ろ側に位置しています。

そして脳幹と小脳の間には第四脳室という空所があるんですねる

重さは成人で120~140グラムで、脳全体の重さの10%ぐらいです。

小脳の主な機能は知覚と運動機能の統合なので、小脳が損傷を受けると、運動や平衡感覚に異常が起こって、細かい動作ができなくなるんですね。

また、じっと立っていられずにふらふらしてしまいます。

運動の調節を行なっているといってもいいでしょう。

shounou2.png


2. 個々の選択肢の確認

次に、個々の選択肢の確認をしてみましょう。

◆1.オリーブ ・・・ 延髄の錐体の外側の隆起。

◆2.黒質 ・・・ 中脳にある神経核で黒っぽい部分。緻密部と網様部がある。

◆3.赤核 ・・・ 中脳の黒質の内側で赤く見える部分。運動機能に深く関わる。

◆4.歯状核 ・・・ 小脳の中心部にある神経細胞の集団。


【中脳】
kokushitsu1.png


【延髄】
enzui1.png


【小脳 - 歯状核ほか】
shounoushijoukaku1.png

(図はWikipediaより)


続きは「3. この問題の攻略法」へ



スポンサーリンク









3. この問題の攻略法

この問題は、小脳とその周辺の解剖について理解できていると解けますね。

小脳もそうですが、脳幹といわれるいわゆる中脳・橋・延髄の部分はごちゃごちゃとしていてわかりにくいので、図を確認しながら各部位を見ていくと良いでしょう。

また、脳室や、大脳基底核、といった用語も関連してきますので、これらも視覚的に確認しておくといいですね。


解答:4 / 分野:解剖学 (H25年 はり)







【あはきこくしの目次はこちらをクリック】
http://ahakikokushi.blog.so-net.ne.jp/2099-01-01
あはきこくしもくじ.jpg



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました