So-net無料ブログ作成
検索選択

[鍼灸あマ指 国試対策] 病理学 ウィルス感染症 [病理学]

[問題]
ウィルス感染症でないのはどれか。
1.伝染性単核球症
2.C型肝炎
3.クロイツフェルト・ヤコブ病
4.成人T細胞白血病

virus1.jpg

1. 問題文からの推測

まずはウィルス感染症について確認してみます。

ウィルス感染症は字の通り、ウィルスが感染することでさまざまな疾患にかかるものですね。

インフルエンザウィルスや、食中毒の原因となるノロウィルス、アデノウィルスなどさまざまなものがあります。

水痘や突発性発疹をもたらすヘルペスウイルスもありますね。


2. 個々の選択肢の確認

次に、個々の選択肢の確認をしてみましょう。

◆1.伝染性単核球症 ・・・ 原因はエプスタイン・バー・ウイルス(EBウイルス)の感染で、唾液を介して感染する子供病気

◆2.C型肝炎 ・・・ C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。

◆3.クロイツフェルト・ヤコブ病 ・・・ 脳に異常なプリオン蛋白が沈着し、脳神経細胞の機能が障害される病気。

◆4.成人T細胞白血病 ・・・ ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)によって引き起こされる白血病。


続きは「3. この問題の攻略法」へ



スポンサーリンク









3. この問題の攻略法

この問題は、ウィルス感染症にはどのようなものがあるか、また、選択肢に出てくる各疾患がウィルスによるものなのか違うのかを識別できれば解けますね。

特に、疾患名からはウィルスと直接関係なさそうなものがウィルス感染症であったり、またその逆もありますので、しっかりと押さえておくといいでしょう。

これは病理学の問題ですが、臨床医学各論で出題されてもおかしくないような問題ですので、憶えておきましょう。


解答:3 / 分野:病理学 (H22年 はり)





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。