So-net無料ブログ作成

[鍼灸あマ指 国家試験対策] 臨床医学総論 手指の変形 [臨床医学総論]

[問題]
◆手指の変形でPIP関節屈曲、DIP関節過伸展を示すのはどれか。
1.スワンネック変形
2.ボタン穴変形
3.尺側偏位
4.鷲手

teyubi2.jpg

1. 問題文からの推測

まずは手指の変形について確認してみましょう。

◆ハンマー指(つち指) ・・・ DIP関節が屈曲し、ハンマーのような形になる。

◆ボタン穴変形(ボタンホール変形) ・・・ DIP関節が伸展、PIP関節が屈曲し、ボタンの穴のようになる。

◆スワンネック変形 ・・・ DIP関節が屈曲、PIP関節が伸展し、スワン(白鳥)の首のような形になる。

◆鷲手 ・・・ 尺骨神経麻痺により骨間筋の萎縮と薬指・小指が屈曲してワシの手のようになる。

◆尺側偏位 ・・・ 第2~5指でMP関節が屈曲し、更に尺側(小指側)に偏位する変形。

◆猿手 ・・・ 正中神経麻痺により、母指が示指に並んでサルの手のようになる。

◆下垂手(下がり手) ・・・ 橈骨神経麻痺により、手のひらが下垂する。

shushihenkei1.jpg

尺側偏位
shakusokuheni1.jpg

washide1.jpg

sarude1.jpg

kasuishu1.jpg


2. 個々の選択肢の確認

次に、個々の選択肢の確認をしてみましょう。

◆1.スワンネック変形

◆2.ボタン穴変形

◆3.尺側偏位

◆4.鷲手

これらはみな上記ですでに記載した通りになります。再度確認してみてください。
続きは「3. この問題の攻略法」へ



スポンサーリンク









3. この問題の攻略法

この問題は、手指の変形について、その種類と形、どんな障害で起こるかについて押さえておけば解けますね。

臨床医学総論以外にも出題されるテーマなので、図と名前と概要をよく確認しておくとよいでしょう。

リウマチの手指変形などと合わせて出題されることもありますね。


解答:2 / 分野:臨床医学総論 (H24年 はり)







【あはきこくしの目次はこちらをクリック】
http://ahakikokushi.blog.so-net.ne.jp/2099-01-01
あはきこくしもくじ.jpg



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。