So-net無料ブログ作成

[鍼灸あマ指 国試対策] 東洋医学概論 気血津液 - 真気の作用 [東洋医学概論]

[問題]
◆真気の作用のうち「汗や尿がむやみに漏れ出るのを防ぐ」のはどれか。
1.気化作用
2.固摂作用
3.推動作用
4.防御作用

qi1.png

1. 真気とは

真気(しんき)というのはいわゆる「気」のことです。

別の言い方で言うと「正気」(せいき)です。字のごとく、「正しい気」であり、「正常な気」ということですね。

正しく、正常な気があるのなら、その逆もあります。

それが「邪気」(じゃき)ですね。人間の正常な活動を妨げる気が「邪気」です。

ここでは真気または正気をテーマにしていますので、「人間の正常な活動を支える気」が真気であり正気ということです。


2. 真気の作用

その真気の作用には5つの作用があるんです。

1. 推動(すいどう)作用 ・・・ 押し流す
2. 温煦(おんく) 作用 ・・・ あたためる
3. 固摂(こせつ) 作用 ・・・ 漏らさない
4. 防御(ぼうぎょ)作用 ・・・ 防ぎ守る
5. 気化(きか)  作用 ・・・ 物質変換

「推動作用」は成長や発育、流れているものを促進する作用です。

「温煦作用」は体を温める作用です。

「固摂作用」は血液や水分をあるべき場所に留めておく作用です。

「防御作用」は病気の原因が体内に侵入しないように防ぐ作用です。

「気化作用」は気・血・水分(津液)が相互に物質変換するのを促す作用です。

qisayou1e.jpg


続きは「3. この問題の攻略法」へ



スポンサーリンク









3. この問題の攻略法

この問題は「気の作用」がきちんと理解できているかを問う問題ということになりますね。

そして、「真気」という言葉を知っているかどうかも試されます。上に書いたように真気と正気は同じ意味であり、要するに人間の正常な活動を支える「気」の作用が理解できていれば解けます。

この種類の問題では、圧倒的に「固摂作用」と「気化作用」が出題されます。

というのも、「温煦」や「防御」は漢字から想像がつきやすいからです。「温煦」(おんく)という言葉自体は少し難しいですが、「温」という字から何やら「あたためる」ということが想像できます。

ですので、漏らさない性質の「固摂」と、物質の相互変換を示す「気化」の作用はきちんと憶えておきましょう。

water1.jpg

解答:2 / 分野:東洋医学概論 (H22年 あマ指)







【あはきこくしの目次はこちらをクリック】
http://ahakikokushi.blog.so-net.ne.jp/2099-01-01
あはきこくしもくじ.jpg



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。